トライデントマーケティングのネタバレと体験談

合田 尚志の
トライデントマーケティングが気になってます。

公式サイトを読んでも
大事な部分がよくわからないから・・・
もっと詳しく知りたいと思っちゃうよ。もー

出典元:バルセロナ五輪(1992年)金メダリストの岩崎恭子(40) ※岩崎恭子オフィシャルブログより https://ameblo.jp/kyoko-iwasaki/

<亀山早苗の不倫時評――岩崎恭子(40)の巻>

 次々と報道される有名人の不倫。その背景にある心理や世相とは? 不倫事情を長年取材し著書多数のライター・亀山早苗さんが読み解きます。(以下、亀山さんの寄稿)

 26年前のバルセロナ五輪で、「今まで生きてきた中でいちばん幸せでした」という名言とともに、競泳史上最年少で金メダルを獲得した岩崎恭子(40)が、ブログで不倫を認め、離婚を発表した。

  11月6日発売の週刊誌『FLASH』がスクープした、50代の既婚男性と茶髪ロングのかつらにサングラス姿の岩崎さんの手つなぎデート写真は、なかなかに衝撃的。有名人が婚外恋愛をするのがいかに大変か、その心中は察するにあまりある。相手の男性もすでに離婚しているのだという。岩崎恭子は、相手との関係を解消したとブログで語っている。

 この一件を受けて、「もう少し待てば不倫ではなくなるのに」という声も上がっている。お互いに惹かれ合ったのなら、双方とも離婚届を出してからつきあえばいい、ということだろう。だが、これ、よく考えてみると、岩崎さんはすでに2年も別居状態だったわけであり、相手側もすでに離婚が成立しているとなると、どちらもつきあっている時点で「婚姻関係は破綻」していたのではないだろうか。

 婚姻関係が破綻しているなら、他の人と恋愛をしてもやむを得ないはずだ。そもそも、好きな人ができてしまったのに、離婚届を提出するまでつきあってはいけないというほうが不自然だ。

「まじめで幸せな家庭生活を送っている岩崎さん」が、一般的なイメージだから、茶髪かつらをかぶって他の男性とデートしていたのは、それを裏切るものだったのだろう。だが、個人的には実はまじめであったがゆえにカモフラージュのかつらをかぶったような気がしてならない。11月11日におこなわれるイベントにも彼女は欠席が決まったそうだ。

 彼女のしたことは、一般人が勝手に抱いているイメージを裏切ったかもしれないが、実状は当事者以外にはわからない。イメージを裏切ったことで仕事を失うことについては気の毒としかいいようがない。

◆これは、一般にも起こり得る事態

「こういうこと、ママ友の間でもありますよ」

 そう言うのは40歳の主婦・ルミコさん(仮名)だ。彼女は35歳で子どもを産んだ。周りのママ友は総じてもっと若い。

「だからなんとなく私は常にオブザーバー的立場でいられるんだけど、見ているとママたちはみんな自分たちのイメージで人を判断しているなと思います。いかにも元ヤンみたいなママが、どこかで他の男性と会っているのを見られたらしいんですよね。でも周りの反応は、『まあね、彼女なら何やってるかわからないよね』という反応。だからといって彼女が話しかけても無視するようなことはしません。怖いからかしらね(笑)」

 ところが2年ほど前、優等生で誰に対してもにこやかに接するママが離婚をした。原因は彼女の不倫だという。あくまでも噂である。夫が出ていったので、そのママは変わらずその地域にいたのだが、そのときは大バッシングが起こった。

「聞こえよがしに『ダンナがかわいそうよね』とか、『ふしだらな女に育てられた娘はどうなるのかしら』とか。そもそも彼女の不倫が原因だったというのは噂に過ぎない。それなのに、そんなふうに言われてしまうのは本当にかわいそうだった」

 ところがこの話には後日談があるそうだ。そのママはいつの間にか隣の市に引っ越し、再婚していたのだという。どうやら不倫は本当だった模様。

「半年くらい前かな、隣の市でばったり彼女に会ったんですよ。どうしてるのと聞いたら、誰にも言わないでと前置きして、彼女が実はあの当時、不倫をしていたのは事実だ、と。でもお互いに結婚生活が破綻していたから、双方離婚して今は一緒になったって。当時は周りのママたちにいろいろ言われてつらかったと話してくれたんです。噂は本当だったのかと思う一方で、どっちも結婚生活が破綻していたら、好きな人ができてもしょうがないなと思いましたね」

 離婚届を出す時期を考えているカップルもいるかもしれないし、破綻しているのに離婚届を出したくないと片方が思っているケースもあるだろう。

 籍はそのままだが、すでに別居して他の異性と事実婚のように暮らしている人もいるのだから、やはり端がとやかく言うことではないように思う。ましてや実状を知らない周りが非難し、そのことで仕事を失わざるを得ないのは、あまりにキツい罰ではないだろうか。

<文/亀山早苗>

【亀山早苗】

フリーライター。男女関係、特に不倫について20年以上取材を続け、『不倫の恋で苦しむ男たち』『夫の不倫で苦しむ妻たち』『人はなぜ不倫をするのか』『復讐手帖─愛が狂気に変わるとき─』など著書多数

ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・

『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。

私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。